GarminのスマートウォッチがSuicaに対応して喜ぶのは?

2020年になってスマートウォッチは

体調管理を記録できる、「運動する人のためのデバイス」だけでなく

「スマホよりも小さいシンプルで便利なデバイス」

になりつつあります

さらにグーグルの「Wear OS」が誕生。

そして、google payがsuicaに対応

ついに、買い物もできるスマートウォッチの選択肢として

Apple watch」の独壇場ではなくなりました

しかしながら、まだまだ日本で販売が遅く

個人的にデザイン性に関しても気に入ったアイテムがない状態でした

そういう意味では、「Apple watch」は強い。。。

先日、

GPS/GNSS機器メーカーである「Garmin /ガーミン」から

自社が販売しているスマートウォッチが5月頃から続々と「Suica」に対応していくとの発表がありました

Garmin Pay Suica | Garmin 日本
https://www.garmin.co.jp/minisite/garmin-pay-suica/

趣味で自転車を乗るので、ガーミン製のGPSは性能の高さは知っていましたし

デザインも「スポーティー」であり「フォーマル」な雰囲気も持っています

かなり気になっていた製品だったのですが、

財布代わりにはできないとみていたので嬉しいニュースになりました

VÍVOACTIVE 4/4S

GARMIN vivoactive 4S ヴィヴォアクティブ4S Black

バッテリー
「vívoactive 4S」のバッテリー駆動時間 スマートウォッチモードで最大5日間、GPSモードで最大16時間、音楽再生GPSモードで最大5時間

重量
「vívoactive 4S」40g

防水
5気圧防水・ 5 ATM・50m防水

Bluetoothで音楽も再生できて、約500曲収録できる

事故検出、援助要請ができる「セーフティ機能

もちろん、メッセージや通話の通知も受け取れて、Bluetoothイヤホンを使って会話もできます

先述した非接触決済機能について補足すると

従来搭載されている「Garmin Pay」だと「Visaのタッチ決済」が対応している場所で使用できます

その機能に「Suica」が対応するということみたいなので、

搭載されているOS自体は「Wear OS by google」ではないです

アプリケーションでgoogle Mapなどは使えないということですね

「Google assistant」などのGoogleの機能を存分に使いたい!

という人は同じような価格帯で時計やカバンの製造販売をしている

Fossil」というメーカーがスマートウォッチをだしているのでそちらを選ぶのもいいでしょう

しかし、こちらはなにやらスペックが不透明で

レビューを見る限り、バッテリー関係に問題がありそうでちょっとだけ怖い。。。

私が「スマートウォッチ」を使う理由は

  • コンパクトな財布代わり
  • 時計機能
  • デザインがいい

運動を毎日きちんとする人にとっては「ライフログ」機能はメインのデバイスになると思いますが

私は運動なんてほとんどしないので、つけていてかっこいい「デザイン性」が重視になります

それに、

いまはほとんどキャッシュレスで生活しているので

近所のスーパーでも使える「suica」や「PayPay」「d払い」が使えたらなおさら便利

スポーツ向けではない、ビジネス向けのウェアラブルデバイスがもっとたくさん登場してくれないかと待っています

GarminのスマートウォッチがSuicaに対応して喜ぶのは?」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。